酵素とは

グリーンスムージーに多く含まれている酵素ですが、酵素は健康に保つために非常に大切な栄養素となります。
酵素の働きとしては、体の様々な部分を正常に働かせるための役割があります。酵素が不足してしまうと、臓器が正常に働かなくなるだけではなく、やる気が起きなくなってしまったり、イライラしてしまう事もありますし、睡眠不足や肌荒れなどが起こってしまいます。酵素には、消化酵素と呼ばれる、消化を助けるための酵素と、体の修復作業を行うための、代謝酵素があります。食べ物の中から摂取することが出来る場合と、眠っている間に自分で作り出すことが出来る場合があります。

消化酵素の役割としては、主に食べ物の消化を助けることが役目となりますが、代謝酵素の場合には、消化酵素が足りなければ、消化酵素の役割も行いますし、消化酵素が足りていれば、その他の臓器や血管などの修復作業に移ります。ですから、食事やグリーンスムージーから消化酵素をしっかりと吸収することが出来ていれば、代謝酵素は消化の手助けはしなくても良いわけですから、体の健康を維持しやすくなるのです。
酵素は熱に弱く、グリーンスムージーを作った後、そのまま放置しておくと、時間と共に酵素が減少してしまうとされています。ですから、グリーンスムージーを作る場合には、生のままの野菜や果物を使い、作ったらできるだけ早く飲みほしてしまい、体の中に酵素を吸収させることが出来るようにすることが大切となります。