服の臭いの取り方と臭い防止方法

また衣類の洗濯をした後、何故かまだ臭いことってありませんか?

普段と同じ洗濯しているのに・・・

何度も洗ったのに・・・。

洗剤を変えてみたのに・・・

と思う方も多くいます。

そこで、服の臭いの取り方と臭い防止方法と、臭いが消えない原因や対策を紹介します。

服の臭いの原因は何?

臭い

何度洗っても洗濯ものが臭い。

まずは、なぜ臭いが出てしまっているのか?

原因を知ることで、対策方法が見えてきます。

それではさっそく服の臭いの原因について紹介していきます。

臭いの粒子

タバコの臭いやにんにくを使った食べ物などの臭いは、すべて化学物質である粒子。

その粒子が鼻に入り、臭いと感じています。

細菌の増殖

汗の臭い

臭いの原因は、「体臭からくる汗の臭いでは?」と思っている人が多くいます。

しかし、汗そのものに臭いはなく、ほぼ無臭です。

お風呂後の汗の臭いは、臭くありません。

しかし、汗を拭いたバスタオルをそのまま置いておくと匂ってきます。

つまり汗の臭いは、細菌が汗を食べて繁殖するときに放つ臭い物質が原因です。

服を着用時の汗の臭いの原因は、人間の体から出る皮脂やタンパク質の汚れが服に付着し、人の肌に存在する菌が服の繊維の奥で増殖し、臭いを出しているのが原因です。

洗濯槽のカビ

服の臭いの原因は洗濯槽のカビが関係しています。

カビの発生には幾つかの原因があります。

たとえば、洗濯機内に糸くずなどの衣類の一部が残っている。

洗濯槽内の湿度が高い。

洗剤が溶けずに残っている。

洗濯機の排水パンの排水溝が詰まっている。

などのカビの発生する原因は様々あります。

そしてカビが発生し、洗濯物に付くことで、臭いの元になります。

服の臭いをとる方法と防止

臭いの原因が判明した後は、臭いが出ない為の事前対策が必要です。

発生原因が分かれば、後は予防をするだけです。

続いては服の臭いをとる方法と防止を紹介します。

ドライヤー

臭いの粒子を取る方法と防止方法として、ドライヤーを使う方法があります。

臭いの粒子はすべて蒸発してしまう成分です。

だから、意図的に蒸発をさせれば、鼻に粒子が入らないので臭いを感じません。

ドライヤーを使い、穴を空けたゴミ袋に服を入れます。

その中に熱風を約1分あてれば粒子が蒸発し臭いを消す(取る)ことができます。

お茶出がらし

臭いの粒子を取る方法と防止方法として他にお茶の出がらしを使う方法があります。

乾燥させたお茶の出がらしには脱臭効果があります。

出がらしをだし袋などに入れ、服を収納しているケースやクローゼットの中に、入れておきましょう。

臭いを取ってくれます。

酸素系漂白剤

アマゾンで購入

服の臭いが原因の細菌を取る方法と防止方法の一番一般的な方法が、酸素系漂白剤を使う方法です。

酸素系漂白剤は、繊維を痛めることなく、皮脂がしみこんだものを分解してくれる働きがあります。

もちろん、除菌・殺菌力もありますので、臭いの元ととなる細菌を死滅してくれます。

ただ塩素系の漂白剤だと色素を破壊し、色が変わってしまいます。

白い衣類やタオル等にはおすすめですが、色柄物には酸素系漂白剤を使用するのがおすすめです。

使用方法はシンプルに、普段の洗剤に合わせて洗濯をするだけで臭いの防止ができます。

 

乾燥機

服の臭いが原因の細菌を取る方法と防止方法として、乾燥機を使う方法も有効です。

細菌の最大の天敵は「熱」。

洗濯したあと乾燥機を使えば、高温の空気で乾燥させるので、細菌を死滅させ、臭いの防止ができます。

熱湯で洗う

服の臭いが原因の細菌を取る方法と防止方法として、熱湯で洗う方法もあります。

細菌は「熱」に弱いため、鍋や大きな入れ物にいれ、80度~100度の温度で10分程洗います。

熱湯だけなので、色落ちなどの心配もなく、臭いの元である細菌を死滅することで臭いの防止ができます。

酸素系漂白洗剤と熱湯

服の臭いが原因の細菌を取る方法と防止方法として、酸素系漂白剤と熱湯を使う方法を両方やると最強です。

臭いが取れないときは、熱湯と漂白剤の2つの効果を合わせることで、より細菌を死滅することができ、臭いの防止ができます。

洗濯機の清掃

アマゾンで購入
服の臭いが原因である洗濯槽の黒カビを取る方法は、洗濯機の清掃をする方法です。

清潔に見える洗濯機も、洗濯槽の裏側は目を背けたくなる様なカビや汚れがついています。

洗濯槽内に存在するカビを取る為、酸素系漂白剤を使い、しっかりと洗濯槽内を洗浄することが必要です。

月に1回は洗うことで、清潔に保つことができます。

まずは洗濯機をしっかりと洗うことで臭いの防止となります。

アマゾンで購入

洗濯機に衣類をためない

服の臭いが原因の洗濯槽の黒カビを取る方法として、洗濯機に衣類をためないこと

洗濯機自体を洗濯カゴ変わりに使っていませんか?

洗濯機の中は高温多湿な為、何気なく服を入れておくと、そこで細菌が発生してしまいます。

洗濯機を洗濯カゴとして使わないことで臭いの防止ができます。

洗濯機の蓋は開けておく

服の臭いが原因の洗濯槽の黒カビを取るために、洗濯機の蓋を開けておく効果的です

洗濯後は、必ず洗濯機の蓋は開けてください。

洗濯槽は高温多湿であり、水分が残っているとカビが発生してしまいますので、洗濯槽を乾かすことが必要です。

乾かすことで、カビの増殖を防ぐことができ臭いの防止ができます。

洗濯物は離して干す

服の臭いが原因の洗濯槽の黒カビを取るために、洗濯物は離して干しましょう。

部屋干しでよくあるのが、洗濯物同士を近付けて干していませんか?

天日干しに比べ部屋干しは、細菌が1万倍以上も繁殖しやすい状態なので、衣類はしっかり離して、風通しよく干すことで臭いの防止ができます。

洗濯後は早めに干す

服の臭いが原因の洗濯槽の黒カビを取るために、洗濯物は早めに干してください。

洗濯槽は高温多湿の為、洗濯をした後そのまま洗濯物を置いておくと、せっかくキレイに洗濯をしたのに細菌を増殖させてしまいます。

洗濯後はすぐに干すことで臭いの防止ができます。

洗えない服の臭いを取る方法

服によっては、自分で洗えない洋服もあります。

男性ならスーツ、女性はドレスやカシミヤのニットが代表的です。

この服の臭いはどうやって取れるのか?

続いて洗えない服の臭いを取る方法を紹介します。

スチームアイロン

洗えない服の臭いを取る方法として、スチームアイロンを使った方法があります。

スチームの蒸気を服にあてることで、蒸気が臭いの粒子を蒸発させたり、細菌を死滅させてくれます。

その後しっかりと陰干しで服を乾かすことで、服に入り込んだ臭いを飛ばしてくれます。

ご家庭にあるスチームアイロンを活用した、洗えない服でも臭いをとることができる方法です。

アイロンと濡れタオル

スチームアイロンがない場合、洗えない服の臭いを取る方法としてアイロンと濡れタオルを使います

スチーム機能がついていないアイロンの場合は、濡れたタオルを服にあて、その上からアイロンを当てれば、スチームアイロンと同じ効果を出すことができますよ。

バスルーム内へ干す

洗えない服の臭いを取る方法で簡単なのは、バスルーム内へ干すことです。

使ったあとのバスルーム内に服を干し、翌日の朝に取り組むことで服の臭いを飛ばしてくれます。

ただし翌朝しっかりと乾燥をさせないと、細菌が繁殖してしまうので注意が必要です。

バスルーム内の蒸気を使った、洗えない服でも臭いをとることができる方法です。

臭いがついた服の応急処置方法は?

「外出先で付くたばこや食べ物の臭いをどうにかならないか?」と思ったことはありませんか?

その場にいる時はまだ大丈夫ですが、一歩お店から出れば、周りの人への配慮や自分の嫌いな臭いを消したいと思いますよね。

ましてや自分のお気に入りの服に臭いが残るのは本当に嫌です。

最後に、臭いがついた服の応急処置方法を紹介します。

リセッシュ 消臭芳香剤 携帯用スプレー


アマゾンで購入

臭いがついた服の応急処置は、消臭スプレーを使った応急処置です。

基本的に汗は無臭です。

そのため臭いの粒子や細菌の除去を取る一番の方法は、消臭スプレーを吹きかけることです。

消臭スプレーの中で人気なのが、リセッシュ。

緊急な時や一時的な対応には消臭スプレーが効果的です。

服の臭いの取り方と臭い防止方法まとめ

いかかでしたか?

臭いと取るには、様々な方法があります。

簡単な作業から時間のかかる作業もありますが、普段の何気ない行動を少し変えるだけで効果は大きくに変わってきます。

自分も周りも気になる臭いだからこそ、気づいたのであれば一度チャレンジしてみてくださいね。

今回は服の臭いの取り方と防止方法と、臭いが消えない原因や対策を紹介しました。

最後まで読んで頂きありがとうございました!