シャンプー

メーカー ストーリア

価格:¥ 650

洗浄力:やや強い

頭皮タイプ:普通肌~ややオイリー肌向け

容量:450ml

シリコン有無:ノンシリコン

 

モイストダイアン ダメージリペアとは

傷みが進んだ髪の補修に着目した「エクストラダメージリペア」シャンプー。
オーガニックアルガンオイルと独自のビューティーケラチン処方でダメージを補修。
「アミノケラチン」が特に傷んだ毛先やパサつきも集中ダメージ補修し、しっとりまとまる髪へ導きます。

モイストダイアン ダメージリペアの特徴

やや皮脂の多いor洗浄力が高めのが欲しい方向けシャンプーです。

ちょっとだけ強めですが、適正から逸脱しない程度の洗浄力と言えます。

平均的よりちょっと強い程度。

主剤が脱脂力高めのオレフィンですが、洗浄力は他の油分系だったり、配合量のバランスで変わります。

基本的には優しく、マイルドに洗いたい方よりある程度は洗いたい方向けです。

整髪料をそれなりにつける人は、普通に洗いたい方ですね。

だから、そういう人でも問題なく使えると思います。

前作がオイルシャンプーだったので、しっとりタイプかと思いきや全然しっとり系じゃありません。

ハリを与えるタイプになりました。

吸着感が強めで、ごわつきを結構感じます。

だから、剛毛やしっかりした髪質だとバサッと、ボサッとしやすいかもしれません。

処方もハリ・コシを与えるカチオン化ケラチンタンパク系が多いので、このハリ感が「ダメージリペア」の意味です。

弱った髪に吸着・皮膜感を与えてしっかりした感触を感じさせるタイプになります。

確かにハリ感あるので補修感は出ますが、そのおかげでサラサラ感・保湿感の2つは非常に物足りなくなってます。

残念ながら、指通りは引っかかりやすいし、しっとりは全然しません。

細い髪・弱った髪をしっかりさせたい方向けと言えます。

剛毛や硬毛、パサつきを抑えたい・しっとりした保湿感を求めるならおすすめできません。

実際に使った口コミ

口コミ

甘めの香り。
甘いと言ってもフローラルとは異なる、ベリー系に寄った甘さのタイプです。
モイストダイアンの香りは昔からこんな感じでしたね。

強くは香りませんし、髪にもあまり残りません。

泡立ちは早く、量も多いので非常に優秀ですよ。

モイストダイアンは前作のを使った事あるんですが、使用感は変わりました。

ヌルヌルとした使用感で、オイル感強かったんですが、オイル感が薄くなり、洗い上りも比較的さっぱりになりました。

しかし、洗い流すとかなりキシみます。

使用感粗くなった印象です。

アハロバターのスムースリペアと使用感が似てます。

どちらもすすぎ時きしむんですが、モイストダイアンの方が乾燥後の皮膜感が強くて、ハリ感が強くなります。

まとめ

シャンプー

まとめ

  • 洗浄力は平均より少しだけ強め
  • 軟毛・猫毛・弱った髪をしっかりさせたい人用
  • 逆に剛毛・硬毛だとごわつきやすい

ダメージヘアでも仕上がりの好み次第です。

サルフェートフリーって言ってますが、スルホネート(類似成分です)を使っています。

そもそも前作はサルフェート(ラウレス硫酸Na)メインでした。

 

傷んだ髪向けのシャンプーとのネーミングですが「しっとり感の弱いダメージケアシャンプー」といった内容です。
ハリを与える、弱った髪をしっかりさせる系シャンプーになります。

ハリ感を与えるタイプなのでダメージヘア向けではあるんですが、保湿感のあるタイプじゃないので、パサつきを抑える効果は弱くなります。

特に「保湿感」と「サラサラ感」の2つは弱いので、しっとりとした保湿感を期待しないほうがいいでしょう。

吸着系に優れるため、補修感はあるんですが、太くしっかりした髪だとバサバサするか、ボサッとしやすくなるかもしれません。

細毛の方、髪にハリ感を与えたい方向けです。

口コミでも保湿感の無さ、パサつきやすさは言われてますね。

しっとりさせるようなダメージケアシャンプーではないので気をつけてください。