シャンプー

メーカー:ヴィークレア

価格:¥ 1,540

洗浄力:普通程度

頭皮タイプ:普通肌向け

容量:440ml

シリコン有無:ノンシリコン

㏗:6.5

多くの方で使えるバランスタイプ

ベタインが主剤。

平均より少しだけ洗浄力のあるタイプですが、強すぎる訳でもなく。

かと言って貧弱な訳でも無く。

かなりバランスよく出来てると思います。

重めのしっとり系シャンプーは主剤にグルタミン酸TEAが使われることが多いんですが、
これはベタインが主剤なのにしっとり系。
そして洗浄力はキープしている処方になってます。

まぁ決して珍しい骨格では無いんですけど。
珍しいのはこのベースで、ちゃんとしっとりする点。

仕上がりと使用感のバランスが良く、洗浄力も適度にあるので
使う人の頭皮タイプをあまり選びません。万人向けです。

 

重めのしっとりタイプ。

一般的なイメージの「しっとり」に当てはまるタイプだと思います。
まとまり・収まりが良く、全体ボリュームが落ち着く
「保湿感のあるしっとり型」です。

指通りもツルツルというか、軽いサラサラ感ではないんですが、
滑らかな手触りでツヤ感があります。

総じて
「広がりやすい・うねりやすい髪をしっとりさせたい方向け」です。
私も特に前髪がうねるタイプですが、これ使うとかなり落ち着きます。

逆にペタッとしやすい、落ち着きすぎるのが嫌な人は不向き。
髪に動きを出したい場合もですね。

軽やかな仕上がりとは違うので、
髪をしっとり落ち着かせたい方向けです。

実際に使った口コミ

甘ったるく無いフローラル寄りの香調。
控えめな甘さのシャンプーです。ハチミツと言えばハチミツっぽい。

口コミで物凄い共感できる表現があったので使わせて頂きますと
「人工的なホットケーキ」の香り。

これ、なかなか的確だと思います(笑)
確かに!って納得してしまったレベル。
天然のホットケーキが存在すんのかってツッコミは置いといてね。

やや泡が立つのが遅いですが、量がとにかく多いので
泡立ち重視する人でも問題ないはず。

ちょっとだけキシみはありますが、
ヌルヌル持続するタイプじゃないので、泡切れも良く使いやすくタイプ。

さっぱり感は控えめ。
香りは控えめな甘い香り。
キシミは多少あり。

使用感は地味と言えば地味。
ドライ後の方が感触いいです。

アンドハニー シャンプーまとめ

シャンプー

アンドハニーシャンプーをまとめると、

  • わかりやすいしっとり系で重め
  • 洗浄力は万人向け
  • 癖・うねりを落ち着かせたい、パサついた髪によい。
  • 逆にボリュームが出ないので、軽く、ふんわりさせたいならダメ。

ということがわかりました。

しっとり、重めが好きな人に

ハチミツにこだわったシャンプーと言う事で。
実際に色付けてるのはカラメルなんですが、それはさておき。

保湿感のあるしっとり系シャンプーです。
バランス良いので、気に入る人多いと思います。

ベタベタするぐらいの重いタイプじゃないってのもあるんですが、
特にうまいなと感じる部分が「少しだけごわつく部分」。
(サラサラ過ぎない部分と言い換えてもOK)

訳わかんねー事言ってんなこのハゲと思うかもしれませんが、
サラサラ過ぎるのも弊害はあって、広がりやすくなったりします。

保湿感のあるしっとり系+多少のごわつきによる
サラサラ過ぎない事が逆にまとまり・収まりの良さを生んでます。
全体的に保湿感の出るしっとり系が多いんだけど、
吸着する成分も多く、少しだけハリが出るためまとまりが良いという感じです。

まぁ案の定、オレフィン配合で叩かれてますけどね。
そもそも泡立ち阻害するオイル系多いので、入れないと相当泡立ちが落ちるはず。
オレフィン自体は確かに脱脂力はありますが、バランス次第です。
言われてる程に刺激がある訳でもないですし。

あと、公式では全く触れてないんですが、口コミで結構言われている所が
癖・うねりが落ち着くという部分ですね。
これは私も感じましたが、やはり実感する人多いみたいです。
(期待し過ぎてもダメですが。気付く程度にはあります)

総合的に「広がりやすい・パサつき・うねりを抑えたい方向け」です。

しっとり系が嫌い、髪に動きを出したいなら向きませんが
ダメージがある人でも評判がよく、
保湿感のあるまとまりなので、重めのしっとり系が好きな方に。