シャンプー解析

先日、大手某メーカーの展示会に行ってきました。

新商品のプレゼンで売る気満々です。

営業マンの話を聞いていると売れそうな気もしますが、

シャンプー解析をして、成分を確認すると疑問が残ります。

ここでは、シャンプー解析の洗浄成分の簡単な見方について解説していきます。

営業マンに騙されないためにも、しっかりとした消費知識は必要です。

少し難しい内容も入ってしまうかもしれませんが、シャンプーを選ぶ際の参考にしていただけたらと思います。

今回は、市販のお手頃価格のシャンプーについてまとめています。

ではさっそく見ていきましょう!(^o^)/

市販の有名シャンプー解析、主要な成分

まずは市販シャンプーの成分を確認してみましょう。

市販で売れ筋シャンプーと言えば、まずはこちら。

以前ほど人気はありませんが、使っている人はとても多い「パンテーン」

パンテーン

有名女優を起用したテレビCMでもお馴染みですね。

一体どんな成分になっているのでしょうか?

パンテーンはボトルの裏側に記載されています。

パンテーンシャンプー成分

パンテーンの成分名。

水, ラウレス硫酸アンモニウム, ラウロアンホ酢酸Na, コカミドプロピルベタイン, ラウリル硫酸アンモニウム, ジステアリン酸グリコール, コカミドMEA, 香料, セタノール, ジメチコン, ポリクオタニウム-10, クエン酸Na, クエン酸, 水添ポリデセン, 安息香酸Na, EDTA-2Na, エチレンジアミンジコハク酸3Na・・・

沢山の成分が書いてあります。

シャンプーの主成分は基本的に「洗剤(陰イオン界面活性剤)」です。

陰イオン界面活性剤については、詳しくhttps://jp-surfactant.jp/surfactant/nature/index.html に記載があります。

化粧品は配合量の多い順番で成分表示を書く決まりがあります。

表示の順番で成分の配合量がおおよそわかります。

シャンプーの場合は7割が水で、あと2割以上が洗剤が占めています。

重要なのは上位に記載されている洗浄成分です。

シャンプーの場合は、上から3~5個の成分は、ほぼ洗浄成分になっています。

メインの洗浄剤を把握できれば大体のシャンプーの機能性が推測できます。

 

パンテーンの成分を確認してみると

『ラウレス硫酸アンモニウム、ラウロアンホ酢酸Na、コカミドプロピルベタイン、ラウリル硫酸アンモニウム』

と書かれています。

各メーカー公式サイトなどを参考に有名シャンプーの成分を確認してみます。

各シャンプーの一番最初に書かれている洗浄成分を抽出します。

P&G パンテーンエクストラダメージ  ラウレス硫酸アンモニウム

P&G ヴィダルサスーン  ラウレス硫酸アンモニウム

P&G ヘアレシピ ラウレス硫酸Na

資生堂 Tsubaki ラウレス硫酸Na

資生堂 マシェリ ラウレス硫酸Na

ユニリーバ ラックス ラウレス硫酸Na

ユニリーバ クリア ラウレス硫酸Na

花王 メリット ラウレス硫酸アンモニウム

花王 セグレタ ラウレス硫酸アンモニウム

花王 エッセンシャル ラウレス硫酸アンモニウム

 

こうやって見ると一目瞭然ですが

市販の安価シャンプーの場合ほとんどの商品が、

『ラウレス硫酸アンモニウム』もしくは『ラウレス硫酸Na』

という成分が主成分になっていることがわかります。

これはメーカー問わずほぼ同じ状況です!

では、『ラウレス硫酸Na』とはどういう成分なのか?

『ラウレス硫酸Na』とは

最も原始的な合成洗剤である『ラウリル硫酸Na』という高洗浄力・高刺激・高残留性の洗浄成分を改良して作られた成分です。

現在のシャンプー市場のほぼ7~8割を占める洗浄剤となります。

ラウリル硫酸Na

洗浄力が強く、乾燥肌や敏感肌の方には刺激あり。

皮脂を取り払う力でもある脱脂力も強いので、必要以上のの皮脂を頭皮から奪ってしまい、頭皮の乾燥が促進させ、結果、頭皮環境も悪化し、毛穴も痛めてしまう可能性があります。

また、分子が小さいので肌から成分が浸透していくということが考えられ、皮膚を通して、体内に毒が入ることを指す言葉である経皮毒になっているかもしれません。

 

 

ラウレス硫酸Naテキストが入ります。

最初に開発されたラウリル硫酸Naは刺激が強すぎるため、分子量を大きくして皮膚への浸透を抑え、皮膚刺激を緩和させたものがラウレス硫酸Naです。

ただ、洗浄力、脱脂力が強いため頭皮を守っている皮膚常在菌を死滅させてしまうこともあります。
そうなってしまうと、フケ、痒み、薄毛、抜け毛というような症状が出てしまう危険性もあります。

一般的に非常に洗浄力の高い成分なので

あまり敏感肌におすすめと言える成分ではないのは事実です。

ただラウリル硫酸Naなどの成分と比べるとかなり良くなっていますし、

特に敏感肌だったり髪のダメージや乾燥に悩みの無い方は問題なく使える成分だと思います。

でなければ、製品として大手各社が販売しません。

ちなみにラウリル硫酸系の成分は今では日本企業はほぼ使用しなくなっている成分です。

昔はラウリル硫酸系が主成分か二番手くらいに入っていたのでのが、それでもかなり良くなったと言えます。

というわけで

【◯◯硫酸~】

のように表記されている洗浄成分を

一般的に

『硫酸系洗浄剤』『サルフェート系洗浄剤』

と呼びます。

硫酸塩のことを英語呼びで「サルフェート」といいます。

最近は「硫酸系洗剤不使用!」とか「サルフェート系洗剤無配合!」という謳い文句もありますね。

後ろについてる「Na」とか「TEA」とか「アンモニウム」とかの言葉は原料に用いているアルカリ剤を意味しています。

基本的にはNa系よりTEA系、TEA系よりアンモニウム系の方が低刺激と言われています。

しかし、ラウリル硫酸Naなどよりはラウリル硫酸アンモニウムの方がまだ間違いなさそうです。

 

【硫酸系洗剤】のメリットとデメリット

市販シャンプーのほぼ全てに主成分配合されている硫酸系洗剤の長所と短所をについて確認してみましょう。

メリット

  • 高い洗浄力でさっぱり洗え、使用感が良い。
  • 泡立ちが非常に良好。
  • 原価が安いので大量生産品できる。
  • 硬水や軟水などの水質に関わらず使用できる。
  • 数ある洗剤の中で最も利用歴が長く、安全性の裏付けもあると言える。
各企業がこの成分を採用する理由は、3番目の原価が安いので大量生産できることがあります。

デメリット

  • 洗浄力が高すぎるため油分などを配合しないと洗浄後の軋みが大きい。
  • マイナスの静電気を与える力が大きいため帯電を中和するリンスやトリートメントが必須。
  • 洗浄力の高さと帯電の強さから敏感肌への刺激が懸念される。
  • ラウリル硫酸系の場合さらに強い刺激性の懸念がある。
  • パーマや縮毛矯正、カラーリングなどの化学施術後のヘアケアには不向き。
などの特徴があります。
まとめると
洗浄力がとても高く使い勝手は良い。
しかし、敏感肌やアトピー肌の方やダメージ毛のヘアケアには不向きと言えます。

硫酸系でも低刺激化する方法

硫酸系洗剤を用いた場合でも、
『両性イオン系界面活性剤』と呼ばれる成分を併用することで、帯電性や洗浄力、刺激性などをある程度緩和することができます。
  • 「コカミドプロピルベタイン」
  • 「ラウラミドプロピルベタイン」
  • 「ラウロアンホ酢酸Na」
  • 「ココアンホ酢酸Na」

などの成分と一緒に配合されていると比較的低刺激になります。

市販シャンプーの成分を見ると、大抵がこのタイプの成分と併配合されています。
市販の安価品であっても、硫酸系洗剤の刺激性や洗浄力が頭皮に直撃するような内容にはならないように生産されているのです。
パンテーンの主要な洗浄剤の構成を見ると、
ラウレス硫酸アンモニウム、ラウロアンホ酢酸Naコカミドプロピルベタイン、ラウリル硫酸アンモニウム
このように、ラウレス硫酸系が主体でラウリル硫酸系も配合されている代表的な硫酸系洗剤メインのシャンプーです。
ですが、「ラウロアンホ酢酸Na」「コカミドプロピルベタイン」という両性イオン系が多めに配合されています。
これで、ある程度の刺激緩和をしているんですね。
しかし、両性イオン系で低刺激化していると言っても限界はあります。
硫酸系ベースのシャンプーが「アミノ酸系洗剤」ほどの低刺激性とは言えません。

シャンプー解析、洗浄成分についてまとめ

いかがでしょうか。
シャンプー解析、洗浄成分についてをまとめると、
市販の安価シャンプーの主成分は基本的にどれも「硫酸系洗剤」になっていることが分かりました。
しかし、シャンプーも危険なシャンプーというわけではありません。
シャンプーの成分の中に刺激性のある成分が含まれることから、頭皮が痒いとか、白髪が増えたり、薄毛になったりというリスクがないわけではないかもしれません。
頭皮の刺激を回避して健康な髪になる様に、シャンプーの使い分けをしてください。
いつものお手頃シャンプーばかりでなく、たまには刺激の少ないいいシャンプーも使って頭皮を休ませてあげましょう。
同じシャンプーを使い続けるとはあまりいいとは言えません。