「市販のシャンプー」は使っちゃダメ!ホント?

「市販シャンプーは使っちゃだめ!」

美容師によく言われます。

真相はどうでしょうか。

結論だけ先に言います。

「健康毛で敏感肌じゃない人なら、特に問題ありません」

答えになっていません。

どういうことかといえば、

美容業界で市販シャンプーが敬遠される理由とは。

  1. 高確率でシリコンが配合されているためカラー・パーマのかかりが悪くなる。
  2. 洗浄成分がきつい。
  3. 安すぎてサロン専売品が売れない。

というのが理由です。

「シャンプーのある成分が頭皮から体内に浸透してよくない…」

「市販のシャンプーにはハゲを促進する成分が入ってる…」

のような話をする美容師もいますね。

しかし、信憑性はありません。

結局は、カラーやパーマをしなければ全く問題ないだけです。

それはそうです。

もし市販のシャンプーが悪いものだったら社会問題になります。

それに、わざわざ高いお金払って高いもの使う必要はありません。

市販のシャンプーは、カラーやパーマをしていない人を想定して製品作りを行っています。

大手メーカーは、大衆層(大多数)を狙ったビジネス展開をしています。

シリコンが入っていようが洗剤がいかに強烈であろうが、大多数の人から何も言わなけれないものつくりをしています。

ちなみに…

カラーリング・パーマをしてしまった人は、

市販のシャンプーやトリートメントでは全く対処できず、髪が痛み続けます。

パッケージには、「ダメージケア」とか「カラーヘア」用とか書いてありますが気休めです。

カラーやパーマをすれば、

毛髪の状態は健康な何もしない人と比べて、全く違った状態になっています。

今までと同じものを使ってケアができるものではないです。

そのまま続ければ髪は見る見る傷んで行きます。

敏感肌(アトピー体質の方など)の方は、今すぐ使用をやめるべきです。

もしあなたが本当に敏感肌であれば、すでに実害もあるかもしれません。

そもそも市販の値段帯で作れるシャンプーやボディソープは、皮膚刺激をそこまで考慮していません。

また栄養バランスが崩れたり、

過度のストレスを受けている時でも市販のシャンプーが使えなくなる可能性もあります。

 

「市販のシャンプー」は使っちゃダメ!ホント?まとめ

いかがでしょうか。

「市販のシャンプー」は使っちゃダメ!ホント?をまとめてみると、

結局のところ、多くの人は気にする必要はありません。

もちろん将来的に何らかの弊害(薄毛など)が出る可能性がないとは言えません。

しかし、今のところシャンプーでハゲになるという科学的なデータはありません。

今、問題ないなら、無理に美容師の押し売りに応じることはありません。

しかし、

あなたが、大多数に当てはまらないと感じた方は、すぐにでも対策を講じた方が良いでしょう。