シャンプー&トリートメントが肌荒れやニキビの原因になることも?

ニキビができたり、肌荒れがあるとスキンケアに気をつけようと思いますよね。

しかし、肌荒れの原因が実は「シャンプー」や「トリートメント」にあるケースもあります。

原因が、シャンプーにある場合は、スキンケアに手を加えてもニキビや肌荒れは治りません。

私の子供がそうでした。

おでこニキビが酷く困っていました。

洗顔を替えてもダメでしたら、シャンプーを変えてみたらニキビが改善したのです。

ココでは、シャンプーやリンスが原因になっているニキビと肌荒れについてまとめています。

シャンプーやトリートメントも肌荒れの原因に?!

シャンプーやトリートメントも肌荒れの原因に?!

多くのシャンプーやトリートメントの成分は、ニキビや肌荒れになってもおかしくない成分になっています。

シャンプーの主成分は「陰イオン界面活性剤」、トリートメントの主成分は「陽イオン界面活性剤」で、それぞれ皮膚刺激の大きいものが存在しています。

全てのシャンプーではありません。

市販の安いシャンプーに特にその傾向があります。

シャンプーに含まれる「ラウリル硫酸Na」「オレフィンスルホン酸Na」「ラウレス硫酸Na」などの洗剤類は、洗浄力が非常に高く敏感肌には刺激が大きい。

そのため肌の炎症を誘発し、痒みの原因になる人がいます。

またトリートメントやコンディショナーに含まれる「セトリモニウムブロミド」「ベヘントリモニウムクロリド」などの第四級アンモニウム塩の配合濃度の高いものは、肌荒れを誘引しやすくなります。

陽イオン系は陰イオン系よりも皮膚刺激が強いため、最近は配合濃度が控えられる傾向があります。

しかし、代わりに配合された「シリコーンオイル」などの油分も皮膚残留性が高く、皮膚に付着して毛穴詰まりを引き起こしニキビなどを作りやすくする原因にもなります。

シャンプーやリンスによる肌荒れの特徴
  • 洗いすぎによる乾燥性の肌荒れ(カサカサ・痒みなど)
  • 被膜の残留やその刺激による肌荒れ(主にニキビ)

ということがあります。

シャンプーもトリートメントも正しく選ばないと、ニキビや肌荒れになるので気をつけてください。

ヘアケアで肌荒れしやすい部位

これらのヘアケア用品で肌荒れしやすい部位は以下の部分になります。

  • 額(髪の生え際)
  • 耳周りやこめかみ
  • 顎まわり
  • 首筋
  • 背中~お尻のライン

などです。

「額」は一般的なTゾーンよりも髪の生え際周辺に集中しやすいです。

単純にシャンプーやトリートメントの成分に肌が荒れているとこの辺にニキビや乾燥性の炎症が起こってしまうケースが多いです。

「耳周り」「こめかみ」などは特に洗い流し後の髪が触れる部位ですね。

髪に成分が付着した状態で肌を触るので、それが刺激となって炎症を誘発するケースがあります。

アトピーの人はこういった部位に触れる髪型は要注意です。

 

「顎まわり」、「首筋」、「背中~お尻のライン」は、

流した洗剤やトリートメントが残留してしまいやすい部位です。

この場合は洗剤よりもトリートメントが原因になっている場合が多くなります。

 

シャンプーやトリートメントによるニキビや肌荒れの治し方

これは、「シャンプーとトリートメントを変える」のが1番の改善法です。

シャンプーであれば敏感肌に配慮された洗剤を主成分(アミノ酸系・カルボン酸系・両性イオン系)にしたものに切り替えたり、

トリートメントは第四級アンモニウム塩を避けたり被膜残留しにくいノンシリコンのものを選ぶといいかもしれません。

娘も額まわりなどのニキビで悩んでいましたが、市販のシャンプーから美容室専売のシャンプーに変えて間もなく大部分が改善されました。

成分にあまり詳しくなくても美容室専売のものであれば大抵は改善されるのではないかなと思います。

 

シャンプーやトリートメントでのニキビや肌荒れ予防法

とっても簡単なシャントリ肌荒れの予防法についてです。

それは、「シャンプー・トリートメントを最初にしてから顔や身体を洗う」

それだけです。

ニキビや、肌荒れの大きな原因は成分の残留です。

シャンプーやトリートメントを流した際に顔や身体に成分が付着したままなのがいけないわけです。

つまりヘアケアを後回しにして洗顔・身体を洗うのを先にしてしまうと

シャンプーやトリートメントの洗い残しが発生してニキビなどの原因になってしまいます。

 

 

シャンプー&トリートメントが肌荒れやニキビの原因になることも?まとめ

いかがでしょうか。

シャンプーやトリートメントによるニキビや肌荒れの原因と対策についてまとめてみました。

娘はこれでかなり改善しました。

おでこや、首、背中、耳周りが荒れている人はヘアケアまわりを気にしてみて欲しいと思います。

ですが、ヘアケアの変更だけで必ずよくなるわけでなく、

ボディソープや洗顔料、スキンケアも同じように見直しするのがおすすめです。

アトピーの方は、「柔軟剤」にも気をつけてください。

最近の新商品は、肌に負荷のかかる成分が散見されます。

 

もし、スキンケアを変えてもニキビや肌あれが良くならない!という場合、

もしかしたらヘアケアに原因があるかもしれません。

特に背中や・顔周りの肌荒れに悩まれている方は、試してみてください。